増えている助産院での出産

増えている助産院での出産に関して

助産院と病院での出産の違い

助産院と病院での出産の違い

妊娠をすると5ヶ月位までに決めておきたいのが出産場所です。

このまま今の病院で出産するのか、助産院にするのか、里帰り出産をする人も多いと思います。

今は医療の技術も発達しており、帝王切開などの手術による出産も増え、出産に対するリスクは減ってきています。

出産時の異変にも緊急対応が可能な病院に対し、助産院は分娩行為を行うのは助産師であるため、医療行為を行うことはできません。

そのため、双子や逆子など帝王切開となる場合には、受け入れることができないのです。

母子ともに健康で、通常分娩の人を対象としています。

万が一の緊急事態に備えて産婦人科医との提携が義務付けられており、検診以外の血液検査や細菌検査などは提携病院で行っています。

病院での出産の方が安全で安心なイメージがあるかも知れませんが、最近では助産院での出産を希望する人も増えています。

病院では出産する人数が多く、医師や看護師が分担して業務を行っています。

助産院は毎日出産がある訳ではなく、妊娠から分娩まで同じ助産師が全て担当してくれます。

昔は陣痛が始まると家族や近所の人が病院へ行き、産婆さんを自宅に呼び出産をしていました。

現在でいう助産師の仕事であります。

通常分娩の場合には問題ありませんが、帝王切開などの医療行為は助産院では行うことができません。

出産するための施設という点では助産院でも産婦人科でも同じでありますが、この二つの大きな違いは、医療行為を行うことができるか否かということであります。

万が一の時でもすぐに対応することができる病院は、ハイリスクの出産にも対応しています。

安心ではありますがその分費用も高く、複数の医師や看護師が分担して担当します。

助産院での出産は通常分娩のみを対象としており、万が一分娩時に異変が起きた時は、提携している病院より指示を仰ぎ搬送します。

病院の医師は男性も多くいますが、助産師の資格は女性限定となっており、助産院でしたら女性のみの対応となります。

自宅での出産が可能なところもあるので、リラックスした環境での出産を望む人にはお勧めです。

助産院をお探しの方はこちらの情報が役に立ちますよ

産後ケアや育児相談も受けられるというのは、大変心強いと思います。

Comments are closed.

© 2016 増えている助産院での出産